診療は一部予約制となっております。予約の方は優先となっております。
電話でご予約ください。前日までにお願いします。TEL:022-222-1102
当日の診療の予約は対応しかねますのでご了承ください。

耳鼻咽喉科


みみ、はな、のど、首など病気全般の診察や予防相談。
感冒、難聴、中耳炎、耳ろう孔、蓄膿症、鼻血、嗅覚異常、味覚異常、口内炎、扁桃(腺)炎、口腔乾燥、声のかれ、声帯ポリープ、いびき、嚥下障害、咽喉頭異物感症、顔面神経麻痺、顔面・首のしこりなど。

アレルギー科
主に上気道のアレルギーの診察、治療と予防相談。
花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息など。
舌下免疫療法(スギ)を実施しております。
難聴・平衡神経科
耳鳴り、めまい、ふらつき、難聴の診察など。
睡眠時無呼吸症候群


いびき、睡眠時無呼吸
の簡易検査装置を導入しております。
検査方法:当院より検査装置を貸し出し、ご自宅で一晩検査して頂きます。翌日に検査装置を返却し、予約日に来院して、結果と治療の説明を受けます。
(検査結果が高度の睡眠時無呼吸の場合は、精密検査のため厚生病院、もしくは、その他の医療施設に紹介することもあります。)
検査費用:2,580円 (3割負担の場合)
保険点数:720点、判断料:140点、合計:860点 / 3割負担で2,580円
(別途に 初診料:273点;再診料:71点)

口腔性感染症

性感染症
、英語でSexually Transmitted Diseaseを略してSTDとも言います。近年、10〜20代を中心にクラミジア、淋菌感染症の増加が目立っています。またオーラルセックスなど性の多様化により、性器ばかりでなく咽頭に感染が認められることも多いので注意が必要です。
簡単な検査で診断がつきます。症状に不安な方は是非相談してください。受診の際は問診票に‘STD検査’と記入して頂き、プライバシーに配慮し診察いたします。

補聴器の相談

直接補聴器の販売はしておりませんが、聴こえの度合いやそれぞれの難聴の種類に的確な補聴器を紹介します。連携する補聴器メーカーに補聴器の無料貸し出し(2週間試用)、強制購入の一切ないことを約束しております。 なお、高度難聴の方に身体障害者手帳、補聴器の補助金制度の申請についても対応しております。


レントゲン検査

副鼻腔炎(蓄膿症)、アデノイド肥大、上気道狭窄、中耳炎、難聴、顔面骨折などの検査

内視鏡検査
鼻腔、咽頭、喉頭、頸部食道の検査。咽喉頭異物の摘出術。必要に応じて組織採取による病理検査を行います
聴力検査
聴力精密検査各種、鼓膜の可動性の検査
平衡機能検査
眼振検査、重心動揺計によるめまいの検査と治療効果の評価。必要に応じて他の医療施設に頭部CT、MRI精査を依頼します。
アレルゲン検査
採血によるアレルギーの原因物質(アレルゲン)の検査。
その他
一般血液検査、甲状腺ホルモン、肝機能、腎機能の血液検査。

睡眠時無呼吸症候群のスクリーン検査(入院不要)


電子カルテ導入による情報管理で受付・会計が迅速化、待ち時間を短縮し、請求ミスも少なくなります。

 

画像ファイリングシステムの運用で検査・画像データーを記録し、過去の画像を含めて表示する事が出来ますので、治療の経過をより分かりやい説明につとめます。

 

内視鏡検査:高性能、高解像度の電子線内視鏡、耳手術用顕微鏡を備えており、微細病変の早期発見が容易になります。

 
内視鏡自動洗浄器:院内感染予防のため、高性能、高基準の自動洗浄器を導入しております。
 

レントゲン検査:フォトセンサー内蔵の耳鼻科用X線撮影装置で被ばく線量が少なくなります。

 

FCR デジタルX線画像システムの処理で画像からより多くの情報が得られ、現像時間の短縮、フィルム・現像液処理も不要となり、環境にやさしい。

 

ネプライザーユニットを備えており、急性咽喉頭炎、アレルギー性鼻炎、慢性副耳腔炎の吸入治療を行っております。

 

聴力検査:特注の遮音室各種の聴力検査を行っております。

 
平衡機能検査:重心動揺計を用い、めまいの検査と治療効果の評価を行います。
 

その他検査:アレルギー原因物質の検査、甲状線ホルモン、血液検査なども行っております。

 

 

電子線内視鏡
デジタルX線画像システム
画像ファイリングシステム

 


  広瀬耳鼻咽喉科クリニック
  〒980-0873 宮城県仙台市青葉区広瀬町4-8ライオンズタワー109 TEL:022-222-1102 FAX:022-222-1103
  Copyright(c)2004-2016 Hirose Jibiinkouka Clinic. All Rights Reserved.